Onimegane®と福井に関する読み物が置いてあります。お気軽にどうぞ。

OnimeganaNEWS特別対談5 Oh My Glasses TOKYO – 2

2-07

Onimegane®(聞き手)
オーマイグラスさん(以下OMG)は、
最初からメガネのECをやろうと思って立ち上げた会社なんでしょうか?

オーマイグラス株式会社 バイヤー 鳥羽朝子さま(以下OMG鳥羽)
そうです。

弊社代表が米国留学時代に、向こうにめがねのECが出はじめたのを見ていたらしく、
日本ではまだそういうめがね専門のサイトがないというところに注目して、
起業に至ったと聞いています。

Onimegane®
それは何年ぐらい前のことなんでしょうか?

OMG鳥羽
弊社設立は2011年です。

Onimegane®
では現状のサイトの規模はどうなっていますか?
拝見すると、結構なブランド数がありますよね?

OMG鳥羽
結構あるんです(笑)
そうですね、ちょっと確認します…。
登録ベースで470ブランドくらいありますね。
SKUだと23000あります。

Onimegane®
それはすごい数ですね。
ECの売り上げ的にはどうなっていますか?

OMG鳥羽
はい、おかげさまで順調に年々のびていっております。

Onimegane®
ユーザー層はどんな方が多いですか?

OMG鳥羽
メインは男性が多いですね。
年齢層は30~40代がメインです。
なので、専門店さんに比べると比較的若いのではないでしょうか?

Onimegane®
いま「専門店」という単語が出ましたが、
小売店さんとは競合関係にあるとお考えですか?
答えにくい質問かもしれませんが(笑)

OMG鳥羽
いいえ(笑)
もちろん確かにもちろん競合する部分はありますよね。
同じ商材を扱っておりますので。

ただ我々はもともとECからスタートしているのですが、
今は店舗も持って運営しているのです。

それは「お店にないめがねを買うことができる」という
ECのユーザーさんへのメリットがある一方で、
実店舗にしかない機能も確かにあると考えているからなんです。

ですので「競合関係」というよりも、
「補完しあう関係になれれば」というのが正直なところです。

Onimegane®
補完しあう関係とは具体的にはどのようなことでしょうか?
OMGさんで実店舗を始めることになった経緯もあわせてお伺いしたいのですが。

OMG鳥羽
やはり「めがね」というものは、
ネットだけで完結する商材ではないということですね。
レンズの選択や、フィッティング、アフターサービスなど、
必要な対面サービスがあるということです。

今までそういった購入後のサービスの提供は、
全国に提携店を増やして誘導していましたが、
自分たちで店舗を持つことによって、よりしっかりと、
たとえば「ネットだけでは不安だなぁ」と感じているお客様に対して、
その不安を解消していただく機会を作っていきたい、
という考えで実店舗運営を行っております。

Onimegane®
それはやはりそういう対面接客は重要である、と。

OMG鳥羽
かつて「めがね」って、
めがねやさんに足を運ばないと買えないものだったじゃないですか?
それをネットで買えるようになれば便利じゃない?
という提案をこれまで我々はしていたんです。

Onimegane®
ええ。

OMG鳥羽
しかしECに固執するのではなく、
お客様が「そうはいってもめがねってやっぱりお店じゃないと」と
感じることも十分理解しているので、
そこをネットのみで買ってください、
と押し付けるのは違うと思っています。

オムニチャネル※という言葉が世間でも言われておりますが、
    (※実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、および、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現することである。weblioより引用)
「あったらいいな」「便利だな」と思われる部分にしっかり応じていく、
ということは重要だと思います。

Onimegane®
では現在、アフターサービスとかレンズ入れとかそのあたりは、
どういった案内をされているのでしょうか?

OMG鳥羽
もちろんサイト上でもレンズを入れておりますが、
我々のお店もそうですし、提携店が全国にありますので、
そこで対面サービスを受けてくださいというご案内をしております。

Onimegane®
では現状の、めがねの通販の問題点や可能性についてはどうお考えでしょうか?

たとえばこれは変な例えなんですけど、
僕は以前に自転車をネット通販で買ったことがあって(笑)

OMG鳥羽
自転車ですか(笑)

Onimegane®
ただやっぱり自転車はいろいろと調整が必要じゃないですか?
それで通販で買った自転車を、町の自転車屋さんに持っていくのがなんか後ろめたくって…

OMG鳥羽
ですよね。

Onimegane®
それでえらい後悔した思い出があるのです。
ただ「めがね」も商材としては同じような側面があるのではないかと考えていて、
ストレートにお伺いしますが、めがねって通販で売るのは難しくないですか?(笑)

OMG鳥羽
もちろん簡単ではないと思います(笑)
おっしゃっているような問題点もECには確かにあると思いますし、
我々も一番気を使っている部分です。

ですので全国に提携店を作ることを現在も強化しておりまして、
購入の後のサポートをスムーズにしていくよう心がけております。

また、先ほど申し上げた店舗に関しましても、
つい最近2店舗目をオープンさせていただきましたが、
そういうサービスも今後強化していきたいと考えております。

Onimegane®
では通販のその他の「可能性」という部分ではいかがでしょうか?

OMG鳥羽
私も経験があるんですが、たとえば昔買っためがねがあったとして、
度が合わないのでレンズだけを交換したい、となったとしますよね。

でも先ほどOnimegane®さんがおっしゃったように、
めがねを持ち込んでレンズだけ欲しいです、って言いにくい店舗もありますよね?

Onimegane®
最近は随分とそのあたり寛容なお店が増えてきているとは思いますが、
確かに店舗にない商品ですと、加工中に故障した場合の保証などの問題が発生してしまうので、
小売店さんとしても少し躊躇する部分があるとは思いますね。

OMG鳥羽
ですので、その部分をECで行うというサービスを最近始めました。
おかげさまでめがね屋さんが、怖いとか入りづらいと感じている方に好評をいただいております。

Onimegane®
そうなんですか。
実は今計画中のお店がありまして、まだ内緒ですけど(笑)

OMG鳥羽
お店ですか?

Onimegane®
はい。めがねを置かないめがね屋さんを、2月に福井でオープンしようと思っているんです。
つまり、サービス専門ですね。

OMG鳥羽
MISTER MINIT(※)みたいな感じですか?
   (※日本で約300店舗のネットワークを持つ靴修理店

Onimegane®
あぁ、まさしくその通りです(笑)
Onimegane®の商品は置こうとは思いますが、
その他は商品を持ち込んでいただいくスタイルのめがね屋さんを
実験的に行ってみようと思っているんです。

OMG鳥羽
それは、いいですね。

Onimegane®
そうなると通販の弱点、
すなわち、検眼とかフィッティングとかができない、
という部分が一気に解消されてしまうんですよね。

OMG鳥羽
そうですね。

Onimegane®
私たちの課題はというと、
「JINS、Zoffなどの数千円のチャイナ製品から、
 若い人にどうやって日本製のいいめがねにたどり着いてもらうか?」
というところですので、

「いいめがねの入り口」としてのECというのは
実はすごい魅力的だし時代の流れにも沿ってると思うんです。

だから頭から通販でめがねを買うのはダメだ、と一蹴してしまうのではなくて、
できる限りの可能性は考えてみたいと思っているんです。

OMG鳥羽
ECはたしかに若いお客様が多いので、その手助けにはなるとは考えています。

Onimegane®
しかしアフターサービスがいい加減だと、
せっかく福井の「いいめがね」を買ってくれても、
「疲れるなぁ」とか「耳が痛いなぁ」って感じてしまうと思うんです。

これでは作戦失敗ですよね?

「だから通販はダメだ」というお話はもちろん正しいと思うのですが、
こんな時代ですし、そこをなんとかしたいなぁという気持ちから
この店舗計画はスタートしています。

商業的に失敗する可能性も、もちろん大きいですが(笑)

OMG鳥羽
(笑)でもECとの相性は素晴らしい店舗になりそうですね。
期待しています。

Onimegane®
ありがとうございます。

あと課題という点で、これは僕のただの読みなんですが、
めがねスキルが高くない人はやっぱり専門店は敷居が高く感じちゃうんですよ。

ユニクロ着てプラダのお店は入れませんよね?

OMG鳥羽
(笑)

Onimegane®
だからJINS、Zoffで買ってた人たちの、
一つ目のきっかけとしてのECは非常に良いのではないかと思っているんです。

そこで「いいめがね」のことを好きになってもらって、
めがねにすこしだけ詳しくなってもらって、
専門店も気後れしないようになってもらって(笑)

専門店への橋渡し的な効果は大きいと思うんです、ECは。

だって僕の自転車の例で言うと、
僕はもう自転車屋さんに行くようになりましたもん!(笑)

OMG鳥羽
(笑)

<戻る  次へ>

PAGETOP
Copyright © OnimegaNEWS (in Fukui) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.