Onimegane®と福井に関する読み物が置いてあります。お気軽にどうぞ。

OnimeganaNEWS特別対談6 メガネソムリエが居るお店 眼鏡屋 Smile eye- 1

  • HOME »
  • OnimeganaNEWS特別対談6 メガネソムリエが居るお店 眼鏡屋 Smile eye- 1

2-09

OnimegaNEWS特別対談、
今回は岐阜のめがね専門店「眼鏡屋 Smile eye」さまとの対談です。

実は今年(2016年)の3月に、
Onimegane®のトランクショーを、

少し変わった形式で開催してくださるそうなんです。

どんなトランクショーかというと、
・店頭ではなくアートギャラリーで9日間開催
・販売目的はないので、気がるにめがねを楽しんでもらいたい!
・最終日にはパーティもあるよ(要予約3/8締め切り)

ということみたいです。

↓フライヤーはこちら
oniomote2

 

↓イベント詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/575832372565494/

 

イベント打ち合わせのために、
わざわざ福井まで訪ねてきてくださいましたので、
めがねのこと、いろいろとお話を伺いました。

どんなお話になるのでしょうか?
お楽しみに!

ー本日のお客様
 メガネソムリエが居るお店
 眼鏡屋 Smile eyeさま

メガネソムリエが居るお店 眼鏡屋 Smile eye
有限会社ムラキ
  代表取締役 村木 昇 氏
  WEB事業部部長 村木 好 氏

 メガネ・時計・宝飾店の家業を継ぎ、昇氏が3代目となった今は、メガネ販売に注力する。村木氏は自らの肩書きを『メガネソムリエ』と称し、「顧客がどのようなメガネを必要としているのか?」「どういったメガネが似合うのか?」を丁寧にヒアリングする販売スタイルをとっている。時にはプロならではの視点からの、型にとらわれない商品を提案するなどもしている。
『眼鏡屋
Smile eye』 では、店頭と通販の二面販売を行っているが、通販においても『メガネソムリエ』としての姿勢は変わらない。顧客とのコミュニケーションに重きを置き、メガネ販売の主軸は接客業にあるという観点を大事にしている。そのため、1人の顧客に1人の担当者がつき発送後のフォローまですべてを一任して行っている。
 
また、夫人の好氏と一緒に「アンダーリム普及委員会」と題し、日本人にあうアンダーリム商品を豊富に揃え普及に尽力している。

 http://www.rakuten.co.jp/smile-eye/

 

<目次へ  次へ>

PAGETOP
Copyright © OnimegaNEWS (in Fukui) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.